【希望部署に配属される為に】新入社員で直ぐに希望部署に配属されない理由と配属される為に必要な事

こんにちは!

本当に仕事で楽しい事も有りますが9割ぐらいは苦しい事の連続だなと感じている風太です。

私も就職して数年経過していますが、今の部署が希望の部署ではありまでんした。

縁もゆかりもない部署に行き、仕事をがむしゃらに覚えましたがやっぱり自分の希望の部署に行けばよかったとふと思う時があります。

今年から社会人になる新入社員の方も行きたい希望部署があると思いますが、希望部署に行くことの難しさやどうしたら希望部署に行けるのか?と考えるはずです。

もし希望部署に行けない場合は、配属先の部署で頑張るべきなのかそれとも転職すべきなのかを私が社会人をして思った事を紹介したいと思います。

1.新入社員が入社して、希望先の部署に配属される事はかなり難しい。

会社に入社したばかりの新入社員が希望の部署に配属されることは、私の経験から難しいと感じます。

私は研修期間を経てとある部署に行きたいと会社の人事と面談の時に行っていましたが、その部署では今年は新入社員を取る予定がなく、大学で勉強していた事とは全く関係ない部署に行くことになりました。

会社の人事は、会社の為に物事を進めるので(会社の組織の人間なので当然ですが)私たちの希望なんて考慮してくれません。ましてや新入社員という会社に何も貢献していない人の希望なんて聞きくことはあまりありません。

人員が足りない部署やこれからこの部署を強くしたいと思っている部署に配属される事が多いです。だから、新入社員がいきなり希望配属先に行ける事はかなり珍しい事だと思います。

※昨今は、無理やり変な部署に行かせると退職する新入社員が多く、大分昔より希望配属先にいけるように配慮されていますが、基本的には無理だと思っていた方がいいです。

2.新入社員で希望配属先に行く為に必要な事とは?

f:id:t08t592:20200222105924j:plain

新入社員でいきなり希望部署に行くことは難しいと説明しましたが、希望部署に行くことが必ずできないと言う訳ではありません。

大学や高校で希望配属先に必要な経験をした事がある若しくは配属先に必要な資格を持っている。これが2つが有れば希望配属先に行きやすいです。

その理由は、最近の会社は新入社員を育てる体力が落ちているからです。(大企業は新入社員を育てる体力はあると思いますが・・・)

会社もそのような学生時代を経験した新入社員や専門の資格を取得した学生の方が希望配属先に配属して能力を発揮してくれると考えるからです。

そのような学生は、希望配属先に配属してもなかなか会社を辞めないだろうと思われるので希望配属先に配属されやすいです。

2-1.入社前から人事に希望配属をアピールするか研修中に配属先の上司に気に入られる。

これは、私の後輩の話なんですが最終面接の役員面接で希望配属に行きたい事をめちゃくちゃアピールしたそうです。また、入社前から人事にも希望配属先でやりたい事をアピールしていました。

そうすると希望配属先の上司の耳にも、この部署に行きたい事が知られますので研修中にもかなり可愛がられたそうです。

その結果、本人の希望通りの部署に配属されて、現在はその部署でもかなり良い立場になっています。

この後輩が希望部署に配属された理由をまとめると

Ⅰ.入社前から人事や面接で希望配属先に行きたい事をアピールしていた。

Ⅱ.アピールする事で、希望配属先の上司にも話が知られて研修で気に入られた事。

後輩はこうして希望部署に行きたい事をアピールし続けた事が良い結果を生んだのだと思います。

人事だけに希望配属先をアピールするのでなく、面接で役員にアピールしたことが希望配属先へ行けた行動だと感じました。

3.新入社員で希望配属先へ配属されなかった場合は、配属先で頑張るべきか?

f:id:t08t592:20200222105949j:plain

希望配属先に行けなかった場合はかなり落胆すると思います。でも、希望配属に行けなかったと言ってやる気なくしてはいけません。

結論として希望配属先でなくても決まった配属先でがんばる事が大事です。

先ほども説明しましたが新入社員でいきなり希望配属先に行くことはかなり難しいからです。

新入社員で希望配属先に行く人の割合なんてごく少数だと社会人経験から感じます。

決まった配属先で1~3年は頑張って働いてみたらその仕事の楽しみが見つかるかもしれないし、会社では1年事に上司との面談があるはずです。

その時に希望部署に行ってがんばりたいと申告したら会社の組織変更などで異動できるかもしれません。

また現職に居る時に、隙間時間などを利用して希望部署に必要な資格を取るなどして希望部署がほしがる人物に近づく準備しておきましょう。

そうすれば、面談時にこの資格を活かして会社に貢献したいのでこの部署を行きたいといえる武器になります。

会社に貢献できる事をアピールすることが大事です。希望部署でこの資格を活かして会社に貢献できると言えばその希望配属先に行ける可能性が上がるはずです。

もし、3年以上経過して現職に仕事の楽しみを見出せない場合や希望部署にどうしても行きたい場合は、部署異動することも視野入れるべきだと思います。

私の部署異動の体験談はこちらです。

【準備が大事!】部署異動に成功する方法と部署異動を後悔した理由

2020年2月20日

それでも、部署異動を申請しても異動もさしてもらえない。でも希望の部署(仕事)がしたいと強く願うなら転職するしかないと思います。

転職をするのは最終手段ですが、転職サイトに登録するだけでもいいです。

登録する事で、社会人としての自分の価値や色々な求人を紹介されるので、情報だけで集めといて損にはなりません。

転職は自分の希望通りの求人を紹介されますし、社会人を3年以上勤めているいるので社会人としての価値も上がっています。

また、資格の取得しておけば、なおさら希望職種に行きやすい条件は整っています。

希望部署に配属されなくてもまずは配属された部署でがんばり、資格を取り自分の価値を高めながら希望部署にいけるようにする。

数年経過しても希望部署に異動できない事も視野に入れ 転職サイトには登録しておいて情報を集める事が大事です。

部署異動する方に見てほしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です