【問題なし!!】うつ病で休職した際の過ごし方は?旅行や遊びに出かけていいの?

f:id:t08t592:20200210225415j:plain

こんにちは!

出かけた際に、人込みが多すぎて気分が悪くなった風太です。

うつ病から回復していてもまだまだ人込みの中で生活するのは慣れないです。

読者の中の方や世間一般のイメージとしてうつ病になった人は、自宅でずっと療養すべきだという認識の方が多いと思います。

うつ病になる前は、私も同様な考えでした。

ずっと自宅で療養しなければならないと思っていました。

では、うつ病の時はずっと自宅療養なんだと思ったら大間違いです。

うつ病が回復してきたら、無理しない範囲で出掛けていいのです。

うつ病の回復状態では、旅行も可能です。

私の体験談を踏まえながら紹介したいと思います。

 1.うつ病で休職し始めた時の過ごし方は自宅でゆっくり療養する。

f:id:t08t592:20200210225453j:plain

うつ病と診断された直後は、まずは体調を整える事が先決です。

うつ病と診断された時は、体調も最悪の状態ですし何もやる気がない状態です。

私もうつ病で休職した時は、朝も起きれない状態で何もする気が湧かない状態でした。

無気力状態が続いて少し遅い時間に起きて、本を読んだりテレビを見るだけの生活をしていました。

そんな生活を続けていて大丈夫なのか、今後どうなるんだろうと不安でした。

そんな生活に不安を感じていましたが、まずは気にせず一日をぼーっと過ごすだけでいいと思います。

無理に何かやらなくちゃと責任感で行動してしまうと、精神的に疲れてうつ症状が進行してしまう事があるので、休職始めは何も考えず過ごすべきです。

自宅療養して過ごす場合で一番大事な事は朝に起きる時間と就寝の時間の生活リズムを整える事です。

生活リズムを整える事が回復の一歩目だからです。

1-1.うつ病で自宅療養する場合は日光を浴びる過ごし方がおすすめ

自宅で過ごす場合は、カーテンを開けて日光を浴びるようにしてください。

うつ病で休職した時は、カーテンを閉め切っている場合がありますが(私も閉め切っていました)カーテンを開けて日光を浴びるだけでも、体調が回復します。

朝起きて日光を浴びるだけでも、気持ちが楽になります。

1-2.うつ病で自宅療養するなら空気の入れ替えもしながら過ごした方がいい

カーテンを開けて日光を浴びるようにする時に窓も少し開けておくと気分転換になります。

うつ病になる前は、引きこもり気味になるので自宅の部屋の空気が悪くなっています。

そんな状態の部屋で療養したとしても気分が晴れず、気分の低下につながりうつ病が治りにくくなるので、新しい空気を入れる為に窓も定期的に開けておきましょう。

私も、カーテンを開ける時に少しだけ窓を開け、新鮮な空気を入れていました。

このちょっとした行為が気分転換になっていたと思います。

2.うつ病の症状が軽くなり始めた時の過ごし方は?

自宅で療養して、生活リズムもだんだんと良くなっていくと少し自宅の近くを散歩するなどの体を動かす事を始めるといいです。

私は、会社の近くに住んでいたので社員の人に会わないように15時過ぎに買い物や散歩などをしていました。

休職して自宅療養していたので散歩をすると自分がどれだけ体力が落ちているか気づかされます。

毎日ではなく週に2~3日は30分から1時間は散歩をして体力を休職前の状態に戻す訓練をしていました。

3.うつ病から体調が戻れば旅行や遊びに行って過ごしても問題ない

うつ病の休職期間中に自宅療養して体調が大分よくなったら少し遊ぶに出かけても問題ないです。

私は自宅療養を経て体調が戻り、会社と2度目の産業医面談でリワークに行くことを進められました。

※リワークの記事は後程書きます。

リワークに通えるまでに体調が戻っていた私は、休職期間中に旅行にいったりしていました。

うつ病になったら、旅行や出かけてはいけないわけではありません。

自分の体調を整える事や会社からのストレスを忘れるために旅行や遊ぶという行為は、いいことなんです。

旅行や自分の好きな事をするという事はうつ病を直す方法として有効で、リワーク担当者からもお勧めされます。

自分の好きな事をする事は、うつ病の最大の原因であるストレス低減に有効だからです。

休職中(会社を休んでいる)だから、旅行や自分が好きな事をしていけはいけないという事はありません。

休職中は、自分の体調を元に戻すいい機会ですから、積極的に自分が好きな事や旅行に行っていいのです。

4.うつ病がある程度回復して旅行や遊びに行くときに注意すべき過ごし方

f:id:t08t592:20200210225547j:plain

旅行する事や好きな事をして過ごし時に注意する事があります。

それは、いきなり人が多い所に行かないことです。

私も最初は、近くの大きな公園や河川敷に行って少しづつ行動範囲を増やして行きました。

その後に山や海を見に行ってきました。自然を見ると心が落ち着くんです。

海の波の音を聞いていたら、あっとゆう間に時間が過ぎていました。

休職している事を活かして平日の観光地に行くこともおすすめです。休日は人が多い観光地でも平日ではそんなに人がいなくてゆったりすることができます。

私が休職中の中で一番良かった旅行先は、海に行くことでした。天気の良い日に海が見える景色が一番良い場所でした。

海の見ながらぼーっとしていると本当に心が癒されたので、読者の皆さんにもおすすめです。

うつ病の過ごし方や休職中に旅行に行っていいのか不安の方が居られたと思います。

そんな読者の方の不安が少しでもなくなればうれしいです。

旅行や遊ぶに行くことは禁止されていませんので自分の体調が整えられて外出できるまで回復したら、主治医に相談して自分の無理のない範囲で旅行をして過ごしてみて下さい。

うつ病に関する他の記事もどうぞ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です