うつ病になった私が職場復帰するまでに通ったリワークとは?費用などの疑問に答えます!!

こんにちは!

最近、体重が気になり始めている風太です。

うつ病になって2年が経過して、時間の経過がはやいなと最近思うようになりました。

うつ病になり職場復帰しようとすると会社や産業医からリワークに通ってから職場復帰するように言われます。

うつ病から職場復帰する為に、通うリワークとはどんな事をするのかまたリワークはお金がかかるのか実際にリワークを体験した私が簡単にご紹介します。

1.うつ病から職場復帰する為に通うリワークとはどんな事をするの?

f:id:t08t592:20200305162316j:plain

私は、うつ病で休職していた時に体調がよくなり、会社に復帰できると連絡したことがあります。そうしたら、人事総務部から職場復帰するならリワークに通ってほしいと連絡されました。

会社からはリワークへ通わなければ、職場復帰させないと言われ、初めてうつ病になってリワークをいう言葉を知りました。

リワークを調べて見ると内容は

リワークとは、return to workの略語です。 気分障害などの精神疾患を原因として休職している労働者に対し、職場復帰に向けたリハビリテーション(リワーク)を実施する機関で行われているプログラムです。 復職支援プログラムや職場復帰支援プログラムともいいます。

うつ病リワーク研究会/うつ病リワーク研究会について

上記に書いてあるように、うつ病などで休職中の社会人に行う職場復帰支援の事を言います。

うつ病などで長期に休職しているといきなり長期の休み明けに仕事をすると、また病気を再発させてしまう事があるので、それを防止する為に行う職場復帰訓練と覚えておけばいいと思います。

次回の記事の時に私がリワーク行った職場訓練の内容をご紹介します。

次はリワークは費用がかかるのかお教えします。

2.うつ病から職場復帰する為のリワークは病院で行う所と公的な場所で行っている所の2種類が有り、公的な場所で行うリワークに通えば費用はかからない。

f:id:t08t592:20200305162622j:plain

実際に私が住んでいる県のリワークの実施している病院を調べた結果費用は

自立支援医療制度の概要 |厚生労働省を利用すると大体1日700円程度となります。

しかし、この金額はリワークを受けるだけの金額ですから注意が必要です。

これに、病院まで行く交通費やリワーク中での食事の料金が追加されます。

なので、平均的には1日1500円~2000円程度は費用はかかると思っていた方がいいと思います。

うつ病で休職中は、傷病手当金が支給されるといっても1日に最低でも1500円かかるとなればかなりの負担になります。

なので、できれば公的で行われているリワークを使用した方が負担はぐっと減ります。

公的な場所とはその県の障害者職業センターで行われているリワークです。

地域障害者センターの電話先はこちら地域障害者職業センター|独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構です。

ここでリワークを行っているか電話してみて、行っているなら申し込みすれば大丈夫です。

公的なリワークを行っている場所が、大体都市部で行っている為、病院で行っているリワークは、都市部まで行くのに交通費が高くかかるなら病院で行うリワークに通う事をおすすめします。

しかし、都市部に住んでいる方は公的でリワークを行っている所があるのでそちらに通う事が一番良い選択だと思います。

公的で行われているリワークは、費用が無料ですし交通費と食費(自分で買ったり、弁当を持ち込む事も可能)で済むので費用はかなり抑えられます。

実際に私も都市部で行われた公的なリワークに通った時には、往復の交通費代400円と弁当300円で大体一日700円と費用をかなり抑える事ができました。

リワークは1ヶ月で15日~20日程度通う事になります。リワークを終了するまでには何か月も通う事になるので、病院と公的で行うリワークでの最終的な費用は、大きな差が出てしまいますね。

都市部に住んでいる方は、なるべく公的なリワークを利用した方がいいことが分かっていただけると思います。

3.うつ病から職場復帰する為に障害者職業センターのリワークの申し込み後、直ぐにに始まる事はない。

障害者職業センターでリワークの申し込みを電話でするとセンターのカウンセラーの都合が有り、私の場合は2週間後にカウンセラーの方と打ち合わせしました。

打ち合わせ内容は、リワークで行う内容の説明とリワークに参加する為の同意書等を頂きました。

リワーク資料の内容をみて参加できる(したい)と思うなら同意書にサインして、会社と主治医にもリワークへ参加する為に同意書にサインしてもらいます。

その同意者をもって、またセンターのカウンセラーのとの面談が何回かあります。

カウンセラーとの面談では、今の体調や簡単なテスト、休職に至る経緯などを話しました。

実際にリワークを始めたのは、リワークを申し込んでから1ヵ月半後でした。

その間に転職活動や旅行に行ったりしていました。

【問題なし!!】うつ病で休職した際の過ごし方は?旅行や遊びに出かけていいの?

2020年2月11日

【体験談】うつ病で休職中に転職活動しても問題ないの?気を付ける事は?

2020年2月17日

なので、リワークを申し込んでからすぐに始まるわけではないので、ゆっくりしておけばいいと思います。

リワークに行くことになると、旅行などに行けなくなるのでこの待ち時間を利用してみて下さいね。

いかがでしたか?
なんとなくリワークについて分かって頂けたでしょうか?
リワークは公的な物を利用すれば、お金の心配はかなり低減できると思います。

リワークを受ける場合は、自分の住んでいる場所から近くで公的なリワークができるのならそこで受ければいいです。

もし近くに公的なリワークがなければ、近くの病院でリワークが行われているか調べて見ましょう。

次回は私がリワークで行った内容をご紹介いたします。

うつ病の原因や症状も参考にしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です