手取り20万以下の低収入の一人暮らしの私が1年で貯金100万円達成できた理由

こんにちは!

独自ドメインに変更して、アクセス数が減って焦っている管理人の風太です。

本当に、最近貯金の大切さに改めて気づかされることがあり、今回は貯金について話したいと思います。

貯金を社会人になって始める人も多いと思います。

私も社会人になって、1年で100万円を目標に貯金するぞ!!と思って何とか若手社会人の時に1年で貯金100万円を達成する事ができました。

手取り20万円以下の低収入の私が、1年で100万円達成した方法をご紹介したいと思います。

1.家賃補助のある会社に絞って就職したから、低収入の一人暮らしでも1年間で100万円貯金できた。

f:id:t08t592:20200227154615j:plain

一人暮らしとは言っても、社会人になった数年は会社の寮に住んでいました。

私は就職する際に一人暮らし場合は、絶対に家賃を払いたくなかったので必ず家賃補助のある会社を選ぼうと思っていました。

お金を貯金するなら、いかに固定費を減らすかが鍵になります。

私も地方から上京したので、実家には頼ることができないし実家暮らしで貯金するという方法はできませんでした。

そこで、固定費の中で一番お金がかかる家賃をどう最小限にするか考えた上で、家賃補助がある会社に就職した事が貯金100万に向けての最初の行動でした。

家賃補助のある会社を選ぶ際は、何歳まで家賃補助があるのか、家族ができた場合もでるのかなどもしっかり人事に聞いておきましょう。

一人暮らしな家賃補助がでるが家族(結婚)ができたら、家賃補助が無くなる企業もあるのでちゃんと確認することが大事です。

2.手取り20万以下の低収入でも給料を先取貯金し続けた結果、1年で貯金100万を達成できた。

f:id:t08t592:20200227155027j:plain

新入社員や若い社会人の人達は、給料が手取り20万以下も珍しくないはずです。

私も社会人20代前半の時は、残業も少なく手取り16万円程度でした。

今でも、この低収入な手取りでよく1年間で100万貯金できたなと思いますね。

私は会社から頂いた給料から月に貯金する金額を定期貯金にしていました。

貯金した金額を引いた給料で生活することを意識付けしました。

先取貯金して、もともとその給料しかもらってないと思って生活すれば、生活がその給料でやりくりして生活しようという意識になって、その給料で生活する能力がだんだんと身に付いていきます。

定期預金することが大事で、定期預金にすると引き出せないので一旦定期にすれば強制的に余った給料で生活しなけばならないので、貯金するには効果的です。

先取貯金は、低収入で貯金できない人達には効果がありますので貯金できない人はやってみる価値はあります。

私もこれで貯金できるようになりましたし、余った給料で生活しなければならないので必然的に節約の意識が高まるという点では本当に先取貯金してよかったと思います。

3.安易にボーナスを使わずボーナスの半分を貯金に回したので1年で100万円を貯金できた。

社会人になって、ボーナスを貰うとボーナスを使いたくなりますよね。

私もボーナスを貰った時に数万円は使用しましたが、ボーナスも先取貯金していました。その先取貯金から余った給料の中から数万円使用しました。

この時には、入社してからずっと先取貯金していて貯金や節約の意識が高まっており、先取貯金から余ったボーナスでどうやりくりしようかなと言う気持ちになっていました。

ここでずっと先取貯金していた効果が出てきます。

先取貯金は強制的に貯金するという事でも貯金できますが、一番効果が出てくるのは先取貯金して余った給料で生活するという節約の意識が高まる事です。

この先取貯金で節約の意識が高まった結果、ボーナスが支給されても先取貯金しようという意識になり、ボーナスを貯金できた事も1年間で100万貯金できた理由だと思います。

4.先取貯金は手取り20万以下の低収入でもできる貯金方法で、貯金意識が高まる利点があり今後の生活に役立つ。

社会人になったばかりの人が、貯金体質になるかどうかは貯金の意識を持つかどうかだと思います。

私もこの先取貯金を続けたことで貯金する意識が付きましたし、今でも先取貯金して余った給料でどう生活するか考えるという行動が身に続けているんだと思います。

如何でしたか?

手取り20万以下の低収入の私が1年間で貯金100万円達成できた理由を紹介致しました。

手取りが少なくて貯金できないと思っている方は、先取貯金をおすすめします。

手取りが少ない若い社会人の方は、まず先取貯金して貯金を増やす事と余った給料でどう生活するかという節約の意識を高める事が大事です。

そしてある程度貯金ができ、少しづつ残業や昇給で給料が上がってから投資を考えても良いかと思います。

私も先取貯金で身に付けた節約意識があり、20代後半になって初めて積立投資をし始めました。

最初から投資でお金を増やそうと考えず、まずは自分のお金に関する意識を高めることが今後の生活に役立つと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です